社員紹介

 

 

 

 

やる気があれば、大きな仕事を任せてもらえる、

よい意味で想像を裏切られました!


技術部 設計開発 2018年4⽉入社

入社のきっかけ

電子制御工学科で学び、機械設計に携わる仕事を地元で探していたところ、共和機械に出会いました。卵の洗卵装置を日本で初めて開発・販売して以来、鶏卵を取り扱う機械装置を作り続け、大手食品メーカーのマヨネーズの生産現場で使われる割卵機を日本で唯一製造している世界でも数少ない鶏卵に特化した機械装置のパイオニアメーカーが、こんな身近にあったということを知り興味を惹かれました。自分で開発した製品が世界で最初の製品になり、今までの常識や歴史を変えることになるかもしれない、大げさに聞こえるかもしれませんが、そんな夢を実現できるチャンスがある共和機械で働いてみたいと思い入社を決めました。

入社して感じたこと

新卒入社でまだ経験が浅く、大きなプロジェクトに関わるのはしばらく先になるだろうと思っていましたが、社内研修期間が終わって間もない頃、新型装置の開発メンバーに加わり設計を担当することになりました。私はやる気だけは人一倍あると自負していて、最初からバリバリ設計業務をこなしたいと上司や先輩に意欲をアピールしていましたが、こんなに早く任せてもらえるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。初めての経験でプレッシャーや不安はありましたが、一人で考えてわからない事や行き詰まっている事があれば、先輩からこの部品を使ったらうまくいくのでは、といった具体的なアドバイスをしてもらえたり、自分の知らない知識を教えてくれるので、視野が広がって安心して仕事を進めることができました。
学生の頃は一人でコツコツと作業をする事が多かったのですが、社会人になってチームで協力して進めることの重要性を認識しました。職場は上下関係を意識しすぎることなく発言できる雰囲気で、意見交換もしやすいです。また、入社時期などに関係なく良い提案はすぐに取り入れてもらえる風通しの良さがあると思います。

仕事のやりがい

設計の面白さは、自分でイメージしたものが形になり、しっかりと動作をして人の役に立っているということだと思います。新しい装置の開発では、似たようなものは世の中にあるが同じものはないので、自分の想像力を働かせてなんとか形にして、設計通りに動かなければ原因が何かを徹底的に考えて試行錯誤を繰り返します。そして、やっと完成まで辿り着いてお客様のもとで順調に稼働するようになると、これまでの失敗や苦労は決して無駄ではなく、ノウハウを得るための重要な道のりだったと感じることができます。

今の目標は

制御関係の知識を増やして、設計も制御もできるオールラウンダーを目指したいです。ここにセンサーが必要だとか、制御の事が理解できていれば設計にも活かすことができます。例えるならオーケストラの指揮者のように自分で機械全体を掌握して、設計できるようになりたいと思います。