社員紹介

 

 

 

 

がんばっている結果が見えるのがいい、
思考の積み重ねが形となって実現する瞬間は最高です。


技術部 設計開発 2013年4⽉入社

入社のきっかけ

私と同じ学科を卒業した先輩が共和機械で働いていて、その先輩から話を聞いたことがきっかけでした。共和機械は、世界でも数少ない鶏卵を取扱う機械の製造・販売・メンテナンスをしている会社で、自分が設計や開発に携わった製品が日本全国、世界に向けて販売されていると、情熱を持って語ってくれました。その時の先輩は学生時代と比べて見違えるほど輝いて見えました。共和機械の仕事は人に自信を与えるなにかがある、先輩のように世界に通用する仕事に自分も挑戦してみたいと思い入社を決意しました。

入社して感じたこと

私が所属している技術部は、落ち着いた雰囲気で集中して仕事ができる環境です。上司や先輩は気さくな方が多く、困ったときは親身になって相談に乗ってくれます。仕事のスケジュールは自分自身で管理する必要があり、各自の決断力や責任が求められます。入社後は社内研修があり、部品の加工や組立の工程に関する基礎知識を習得することができます。しかし、自身のさらなる成長の為には知らない事を先輩に聞く、自分で調べて勉強するなど努力が必要です。装置についての技術的な難しい話が、いつの間にかベテランの先輩と出来るようになった時、自分の成長を実感できました。

仕事のやりがい

装置の設計や開発は、コストが掛かるので溶接がよいのかネジ止めがよいのか、またメンテナンス性アップのためにネジの取り付位置を変えるべきかなど、ちょっとした改良でも考えるべきことが非常に多くなります。よいアイデアが浮かばずなかなか前に進まないときもありますが、これならいけるぞと確かな手応えを感じる瞬間があり、考え抜いた末の成果が製品として目に見える形になった時には大きな達成感が得られます。

これからの目標

お客様に満足いただける機械の設計や開発ができるような人材になりたいです。最近では機械の更なる省スペース化・高速化・省人化の要望が高まっていますが、処理能力をだけを求めて、単に機械の高速化を行ってしまうと、卵への衝撃が大きくなり割れてしまう恐れがあります。卵一つ一つの経済的な重みを忘れないように、卵に優しい機械づくりを第一に考えて、様々な業務の経験を積んで技術を身につけていきたいと考えています。