パックケーサ

パック卵の箱詰め作業を 省人・自動・高速化します!

主な特徴

毎時最大4,000パックを高速箱詰め

2基の多関節アーム型ロボットが吸着パッドで鶏卵パックを吸い上げて、出荷用の段ボール箱に自動で収容します。
パック卵の包装ラインに組み合わせることで、これまで人の手で行なっていたパック卵の箱詰め作業を自動化し、包装ラインの省人化を可能にします。

処理能力

4,000パック /時(最大)

詳細

パックの種類、形状を問わず箱詰めできます

レギュラーパックとフラットパックの両方に対応しています。切替はヘッドや吸着パッド交換などの面倒な作業の必要がなく、簡単な設定で行えます。また、箱詰めするパックの方向や段数をフレキシブルに設定することができます。

便利な箱予約機能

指定した箱数量を処理すると自動的に製函機を停止する箱予約の機能により無駄な箱を作りません。設定は稼働式アームに取り付けられた操作パネルから行うことができます。

標準型平面図

諸元表

製品名
パックケーサ
型式
PBR-400
処理速度
4,000パック /時(最大)
電気容量
三相200V 10kW
エアー量
70NL/min
※上記数値には周辺設備、オプション装置等は含まれておりません。詳細はお問い合わせの上、ご確認ください。