パック卵検査装置

不良パックを検知して品質向上

主な特徴

クレームが多い卵抜け、液漏れ、中身なしのパックを高精度で検出

パックの下部に付着する液ダレや異物、あるいは卵殻が損傷し中身の抜けた卵、または規定個数の卵が入っていないパックを自動検出する装置です。
検品ミスの発生を抑制して生産品質を向上させつつ、全体の作業効率を最適化して生産性を上げる、という近年のGPプロセスにおける共通の課題に対して極めて効果的なソリューションを提供いたします。

処理能力

4,000パック /時(10個パック時)

詳細

容易に追加設置ができます

全長1mとコンパクトな設計で既存ラインに容易に追加設置できます。
またパックの封印前に検査を行うため、不良パックの再開封の手間や、資材ロスがありません。

低ランニングコストです

検査照明にLEDを使用して交換部品の長寿命化に対応しました。

操作は簡単です

卵殻色に関係なく、また透明や赤色透明など各種パックに対応しています。検査対象パックの設定変更などのめんどうな操作は一切不要です。

寸法図

諸元表

型式
KC-PD3000
処理速度
4,000パック /時(10個パック時)
電気容量
AC 100V 50/60Hz
※上記数値には周辺設備、オプション装置等は含まれておりません。詳細はお問い合わせの上、ご確認ください。